外国人母子保健セミナー 母子保健通訳の役割を考える(9/17)

国際結婚や留学生家族の増加など、金沢市で出産する外国人市民が増えています。金沢国際交流財団では、金沢市の福祉健康センターで行われている乳幼児健診や赤ちゃん訪問に通訳ボランティアを派遣し、母国と違う文化の中で、地域で安心して子育てができるようサポートしています。

今回のセミナーでは、東京都杉並区と協働で「外国人母子保健通訳相談窓口」や「ネパール対象母親学級」などの活動を行っている(特活)シェア=国際保健協力市民の会から講師を招き、取り組みから見えた課題や母子保健における通訳者の役割などについてお話ししていただきます。

外国人母子保健の通訳支援活動に関心のある方、すでにKIEFの通訳ボランティアとして活動してくださっている方も、ぜひご参加ください!
※通訳技術を学ぶセミナーではありません。

応募方法など詳しくはチラシをご覧ください♪